口コミ評価の高い、目に効く最高のアイケアサプリはどれ?

目に良いサプリランキング

スマホの目への影響

スマホの視力低下・・・どうすれば防ぐことができるのか?

投稿日:

最近では、誰もがスマホを持つ時代になりました。そして、当然の結果ではありますが、「スマホによる視力低下」に悩む人は、年々増加傾向にあります。

スマホによる視力低下は、大学生や大人だけに起こるものではありません。

今では小学生にまでも影響を及ぼしていて、視力が1.0未満の小学生はなんと30%です。さらに中学生になると50%、高校生になるとなんと65%以上が視力が1.0未満だというのです。

スマホの普及、テレビゲームの普及によって、爆発的に増えたのが、スマホを含めたVDT機器による視力低下です。

このページでは、そんなスマホによる視力低下を防ぐための、「必ずやりたい対策法」について紹介していきます。

スマホによる視力低下を防ぐ方法

今現在の眼科技術では悪くなった視力を元に戻すには「レーシック」という手術しかありません。

つまり、一応視力回復方法はあるものの、自力では視力は良くならないということです。

もちろん日常生活にトラブルが起きれば、レーシックも一つの選択肢です。しかし、たとえレーシックをしたとしても、同じような生活をしていれば当然また視力は低下していくわけです。

ですのでここでは、「スマホによる視力低下を根本的に解決する方法」を紹介しようと思います。

視力低下を防ぐ方法1:長時間画面を見すぎない

長時間画面を見すぎない

スマホで「乗り換え案内」を調べたり、「ちょっと知りたいことを検索」したりするのは、使用しても数分間ですので問題はありません。

しかし、特に「スマホゲーム」したり、「ネットサーフィン」にどっぷりはまり込んでしまう時には注意が必要です。

スマホによる視力低下の一番の原因は「同じ距離を長時間見続けること」です。

同じ距離を見続けるということは、目のピント調節が必要ないという事であり、水晶体や毛様体(目の筋肉)が固まってしまうのです。

例えば映画を見にいき、ずっと同じ姿勢で見ていると、映画に集中している時はいいのですが、見終わった後に「腰が痛い」「お尻が痛い」といった症状が出てきます。

それと同じことが目にも起こっているのです。しかも「毎日」です。

「ブルーライトカットメガネを使っているから大丈夫」とか「ルテインサプリを飲んでいるから大丈夫」とかそういう話ではありません。

もちろんそのようなアイテムも「有効」なのですが、基本的には「1時間に10分間は、スマホから目を離す」ということを大切にしてください。

今は、高校生だと1日に15時間以上スマホを使う人もいます。大人でも16時間以上使う人がなんと16%もいます。

ですので、「長時間使用しないように」というのが無理なことは分かっています。

だからこそ、せめて1時間に10分間は、トイレ休憩をしたり、違う所を見つめるなど、最低限の対策をしておきましょう。

視力低下を防ぐ方法2:ブルーライトカットは必ず使用しよう

ブルーライトカットは必ず使用

その上で、「ブルーライトカットメガネ」を使うのは大変有効です。スマホが発している「ブルーライト」は紫外線の次に高エネルギーな波長であることが分かっています。

つまり、目にとってはとてつもない「ストレス」であり、眼病の元になるということです。

例えばブルーライトカットメガネで一番有名なのは「JINS SCREEN」でしょう。JINSでは「DAIRY USE」「HEAVY USE」「NIGHT USE」の3種類がありますが、それぞれブルーライトカット率と色味が違います。

「DAIRY USE」のブルーライトカット率は25%です。カット率は低いですが、透明なレンズで違和感がありません。

それに対して「HEAVY USE」のブルーライトカット率は38%です。若干黄色がかったレンズです。「NIGHT USE」のカット率は60%です。黄色のレンズをしています。

レンズが黄色なのは、黄色がブルーライトの反対色で、ブルーライトを吸収・遮断してくれるからです。

他にもzoffなど、様々なメーカーがPCメガネを発売しています。どれでもいいですので、必ず使いましょう。

視力低下を防ぐ方法3:スマホを使うならルテイン・ゼアキサンチンは摂取しよう

スマホを使うならルテイン・ゼアキサンチンは摂取

上記で紹介したブルーライトカットメガネは、「これで完璧!」と思えそうなアイテムではありますが、「すべての」ブルーライトを吸収・遮断できるわけではありません

特に、JINSの「DAIRY USE」では、たったの25%しかカットできず、75%のブルーライトは通過してきているわけですから、いかに不完全かが分かるでしょう。

そこで活用したいのが「ルテイン」「ゼアキサンチン」です。

この2つの栄養素は、私たちが生まれた時から、目を光から守っている非常に重要な栄養素です。

ルテインとゼアキサンチンは目の黄斑部に多く存在する「黄色」の「カロテノイド」ですので、ブルーライトを吸収遮断する役割(黄色)もありますし、目の活性酸素を除去する(カロテノイド)はたらきもあります。

そうなんです。

ルテインとゼアキサンチンは、目に入ってくるブルーライトを「カットする」役割を果たしているのです。

これが、「ブルーライトカットメガネを使っていなくても、目が健康でいられる理由」ですが、スマホを使う人は大量のルテインを消費していますので、必ず補給をするようにしましょう。

ちなみにルテインは1日にほうれん草4株が必要です。

これは不可能に近いですので、最高のアイケアサプリ「めなり」やファンケルの「えんきん」などを使って、効率的に摂取していきましょう。


視力低下を防ぐ方法4: 寝ながらスマホをするくらいなら、起きて使おう

寝ながらスマホをするくらいなら、起きて使おう

また、寝る前に布団の中で、寝転びながらスマホを触る「寝ながらスマホ」は大変危険です。

寝ながらスマホは、両目の視力を均等に使いませんので、いわゆるガチャ目(不同視)になりますし、時には目の黒目の位置がずれる「斜視」になることもあります。

睡眠の邪魔にもなるのでもちろん寝る前は使わない方がいいのですが、寝ながらスマホをするくらいなら、きちんと起きてスマホを使いましょう。

もちろん使用しない方がいいのですが、「寝ながらスマホ」はリスクがあることを承知の上で使うようにしてください。

視力低下を防ぐ方法5:照明の明るさを調節する

最後に大切にしたい、スマホによる視力低下を防ぐ方法は、「照明の明るさ調整」です。

今の高校生や大学生などの若い世代は知らないと思いますが、昔はニンテンドーより発売された「ゲームボーイ」というものがありました。

そのゲームボーイは、「照明」がないと画面を見ることができませんでした。

スマホのようにバックライトなんてありませんので、照明があって初めて画面が見えたのです。

何が言いたいのかというと、今は「暗い場所」「夜中」でもスマホの画面を見ることができる=「画面の明るさ」と「環境の明るさ」のバランスが崩れていることが多いということです。

スマホの明るさは、「環境と同じくらいの明るさ」にしましょう。つまり、「眩しすぎず暗すぎない明るさ」にしましょう。

せっかくスマホには「明るさ調整のオート機能」がありますのでそれをONにして、適度な明るさで使うようにしてください。

スマホの視力低下から身を守れるのは自分だけ

今回は、スマホの視力低下を防ぐための5つの方法を紹介してきました。

しかし、せっかく知ったのに、何もしなければ、当然今後も視力は低下していきます。「すべて」できているならまだしも、できていないことがあるのであれば、必ずやるようにしましょう。

なぜここまで強く言うのか?と思うかもしれませんが、筆者自身がスマホの使いすぎで視力低下が起こり、今では大変後悔しているからです。

「甘く見ていた自分」がいましたし、「まぁ、大丈夫だろう」と思っていたわけですが、結果として今は視力が悪く、視力が0.1もありません。

このページに来た方には、同じ過ちをしてほしくない、そういう気持ちで書いたので、「なんだよ!えらそうに!」とか思われたかも知れませんが、今日から1つでも対策をしようと思っていただけたら幸いです。

最高のアイケアサプリ「めなり」

めなりは、「最高のアイケアサプリ」を目指して作られた、ハイグレードなルテインサプリメントです。使用しているルテインは特許製造のルテイン。ビルベリーも吸収率が2倍の特許取得ビルベリーを使っています。

配合量もルテイン12mg、ビルベリー170mgと他のルテインサプリに比べて多く、効果実感度が高いことも特徴です。リピート率は93%で、多くの方の口コミ評価が高く、他のルテインサプリからめなりに変えて「良かった」という人が増えています。

初回は907円、継続の必要はなく、15日間全額返金保証もあり、価格面でも他のルテインサプリよりも優れています。

ルテイン ◎:12㎎
ゼアキサンチン ◎:2.4mg
アントシアニン ◎:ビルベリー170mg
アスタキサンチン ○:1mg
その他栄養素 ◎:微粒元素、ビタミン類など
初回価格 ◎:907円
2回目以降 ◎:2980円
継続の必要性 ◎:なし(初回解約可)
全額返金保証 ◎:15日間全額返金保証

-スマホの目への影響
-,

Copyright© 目に良いサプリランキング , 2017 AllRights Reserved.